沿革

創業〜1999年

1989年3月有限会社でんきや 創業開始
1991年5月有限会社エナテクスに社名変更
1996年2月株式会社エナテクスに組織変更
1999年9月鳥取県電気工事業工業組合主催 電気工事技能競技大会で技能賞受賞(西村俊巳選手)
1999年10月全中国電気工事組合連合会主催 電気工事技能競技大会で技能賞受賞(西村俊巳選手)
1999年10月社屋完成(現在の北栄支店)

2000年〜2010年

2000年3月建設業許可(一般)→(特定)へ変更
2000年8月有限会社エナテクスサービス 設立
2000年9月風力発電の快適環境創成事業への適用に関する研究を開始(鳥取大学との共同研究)
2002年3月鳥取県版環境管理システムT種(TEAS)の認定を受ける
2002年10月鳥取県電気工事業工業組合主催 第13回電気工事技能競技大会で銀賞受賞(福田剛司選手)
2002年10月全中国電気工事組合連合会主催 電気工事技能競技大会で技能賞受賞(福田剛司選手)
2003年10月鳥取県電気工事業工業組合主催 第15回電気工事技能競技大会で銀賞受賞(杉本和彦選手)
2007年3月鳥取県版環境管理システムII種(TEAS)の認定を受ける
2007年3月鳥取県男女共同参画推進企業の認定を受ける
2007年7月鳥取県障害者法定雇用率達成事業所の認定を受ける
2007年12月経営革新計画の認定を受ける
2008年12月鳥取県家庭教育推進協力企業の認定を受ける

2010年〜

2010年9月 鳥取県経営革新計画の承認を受ける『Webによる上下水道管理システムの新たな導入方式』
2010年9月 遠隔監視事業開始
2011年9月北栄町環境にやさしいまちづくり協定締結(Co2排出権国内クレジット購入)
2012年7月株式会社エナテクスサービスと連合体事業者として北栄町における太陽光発電(高千穂メガソーラー)の設置に係る協定締結
2012年10月鳥取県電気工事業工業組合主催 第18回電気工事技能競技大会で銅賞受賞
(山下泰幸選手・栗信行知選手)
2013年4月防災行政無線事業開始
2013年5月太陽光発電事業開始
2014年7月健康経営マイレージ事業 登録
2015年1月あいサポート企業認定を受ける
2015年10月健康経営マイレージ事業 優秀企業として知事表彰を受ける
2016年1月従業員の仕事と家庭の両立を応援する「イクボス宣言」を実施
2016年2月平成27年度鳥取県経営革新大賞 中国産業局長賞を受ける
(モニタープランを用いた地域生活インフラ管理システムの新たな導入方式の提案)
2016年3月鳥取県輝く女性パワーアップ企業認定を受ける
2017年6月倉吉市清谷町へ本社移転
2017年6月株式会社エナテクス境港支社設立
2017年10月健康経営マイレージ事業 優秀企業として知事表彰を受ける

お問い合わせはこちら

採用についてのお問い合わせはこちら